花も刀も

ロスジェネ的ライフハック

iPadの指紋対策にシリコンスプレー

 

iPadを使用するようになってから気になってたこと。それが指紋汚れ。 

 
 f:id:hanamokatanamo:20181015234638j:plain
 
スマホの時は画面が小さいし、さっと1度で拭けるからあまり気にならなかったけど
iPadは画面が大きくて綺麗だから余計に気になる。
指紋汚れって案外、拭いても簡単に取れないし。
一応、指紋が目立たないというガラスフィルムを張っているのですが
あまり効果を感じませんでした。
 
そこで思いついたのがコレ。

シリコンスプレー!

 
↓こんなヤツ。

 

シリコンスプレーというのはコーティング剤の一種です。
私の場合は主にバイクや車、自転車に塗って錆や汚れ防止に使用しています。
これをしておくと、汚れが落ちやすいし撥水効果もあるので便利です。
たまに傘やレザーの靴なんかにもスプレーしたりします。
 
ホームセンターで1本500円くらいかな。
最近はダイソーなどの100均にも少量のものが売っているので
それで十分だと思います。
 
これ、iPadに使っても大丈夫かな・・・?とも思い、一応説明を読んでみましたが

「素材に優しい無溶剤タイプ」「幅広い素材に使用可能」

などと書かれていたので、たぶん大丈夫でしょう・・。

無溶剤ってことは素材を溶かさないってことですからね。

※自己責任でお願いします。
 

やり方は簡単。

ガラスフィルムにそのまま塗ってしまいます。
まずは、ウエットティッシュなどで指紋や汚れを綺麗にとります。
次に、画面にちょっとスプレーして、ティッシュや布で塗りこむ。
最後に、きれいなティッシュや布で余分をふき取る。
これでOK!
うっすらと曇ったような画面になりますが、コーティングがされている証拠です。
 

注意点としては、これで指紋がつかなくなるわけではないということ。

指紋はつきます。
でも、コーティングのおかげで、軽くひと拭きするだけで綺麗になります。
1回塗れば1~2か月くらいは持つと思いますが、繰り返して使用していくと
スプレーが厚塗りされていって段々と効果が増していきます。
撥水効果もあるので、私はスマホにも使用しています。
 

最後に、気をつけて頂きたいことがあります。

このスプレーをすると何でもすっごく滑りがよくなります。

なので

スプレーするのは「画面のみ」にしておいてください。

サラサラして持ちにくくなってしまいますので・・。
 
シリコンスプレー、家に1本あると便利ですよ!
 
色々な使い方
 
では、今日はここまでです。ありがとうございました。
 
 
 

バフェットやソロスは何を買ってる?がわかる「iBillionaire」は要チェック!

今日10月11日は、米国株安の影響で

世界の株式市場も大暴落した!と

ニュースで盛んに言っていますが

たった3%程度の下落で何を騒ぐかと言いたいです。

 

むしろ最近高くなりすぎて手が出なかったので

もっと下がって欲しいくらいです。

 

最近の市場はプログラムによって一気に売られる

傾向があるので瞬間的に下がるんですが、たいてい

すぐに戻ります。

「すぐ」が1週間なのか3年なのかわかりませんが

資本主義が続く限り、そのうち戻りますからご心配なく。

 

さて、今日はこんな暴落の日は1日で数百億円も資産が

減ってしまう、億万長者の世界をちょっと覗いてしまえる

サイトのご紹介。

 

その名も「iBillionaire」です。

monex.ibillionaire.me

ウォーレン・バフェットジョージ・ソロス

日本でも「ハゲタカ」として知られるダニエル・ローブなど

世界有数の投資家たちの最新ポートフォリオを見れるという凄いサイトです。

 

例えばバフェット氏のページを見てみましょう。

 

f:id:hanamokatanamo:20181011222459p:plain

2018-06 と書かれているので今年の6月時点のポートフォリオということですね。

保有銘柄の上位10銘柄が表示されています。

 

投資セクターの割合までグラフ表示されています。

これで、バフェット氏が一番投資している個別銘柄は「apple」ですが

セクターとしては「金融」への配分が多い、というような事がわかりますね。

 

f:id:hanamokatanamo:20181011222814p:plain

バフェット氏はIT関連株に投資しないことで知られていましたが

最近はIBMやアップルなどを購入して話題になっていました。

やはり、賢明な投資家は常に最新の動向を学んでいるのでしょうね。

僕は全然学んでないけど、学んでいるバフェットさんを

真似しておけばいいやみたいな感じです。

 

注意点!

 

いくら真似をしようと言っても、やみくもに同じ銘柄を買うのは危険です。

例えば、バフェット氏は平均取得コスト141ドルでapple株を購入していますが

現在はすでに226ドルと倍近くになっています。

バフェットが買った!というニュースが流れば、やはり多くの人が

同じように真似をして購入するんですね。

 

平均取得コスト画像

f:id:hanamokatanamo:20181011222734p:plain

 

こんな「平均取得コスト」までわかってしまうのは

本当にありがたいです。これで高値掴みを避けられますね。

 

上記では、バフェット氏を例にだしましたが

このサイトで紹介されている15人の投資家達全体のポートフォリオ

「iBillionaire指数」として出されています。

 

「iBillionaire指数」でお宝銘柄探し!

 

例えば、私がこのアイビリオネアで見つけた銘柄のひとつに

マイクロンテクノロジー社」というのがありました。

バフェット氏は買ってませんが15名中4名もの方が

ここに投資されていました。

http://monex.ibillionaire.me/securities/328/micron-technology-inc/MU

どんな会社か気になりますね!

 

こんな会社

wired.jp

どうでしょうか?なかなか良さそうな会社ですね。

伸び盛りのAI産業ですし可能性を感じます!

 

・・・とまあ、こんな感じで、自分ではまず発掘できないような

銘柄も、超一流の投資家のポートフォリオを見ることで知ることができる

楽しいサイトです。

 

まとめ

現代において、もっとも価値があると言われるのは「情報」です。

その「情報」も、やはり富裕層に先に集まるのです。

そんな貴重な情報も見れるのは凄い価値を感じます。

ぜひ一度見てみてください!

 

サイトはこちら

マネックス証券のサイトですが加入しなくても

「iBillionaire」は無料で見れます。

見るのはタダ!ありがとうマネックスさん!

 

 

 

iPad2018年版を買って期待外れだったこと。

 

最新型のiPad 2018年版を購入しました。

f:id:hanamokatanamo:20181009213615j:plain

私としては、壊れたアイフォン5の代わりにフェイスタイムが出来れば

十分だったので中古の旧型とかでも良かったのです。

でも、ちょうど新型が出たばかりで、色々なブログなどで

コスパが史上最高とか絶賛されていましたし、価格もあまり変わらなかったので

ついつい最新型を購入してしまったというわけです。

 

さて、そんな私が唯一楽しみにしていたのが

今回iPadPRO以外で初めて使えるようになったアップルペンシルです。

www.apple.com

これを使えば、もう紙のノートからは解放され、ペーパーレス生活になれると

期待していました。

私のノートは本当に汚くて、情報がどこにあるかもわかりにくいし、

「電子ノート」として綺麗に情報集約出来ればいいなと考えていました。

 

色々なブログのレヴューを読みました。

学生さんが授業で使用したり

ライターさんが構成で使用したり・・・

 

なるほど、これはいいぞと。

※いま思い起こせば普通のサラリーマンのレヴューがほぼ無かった・・。

 

でも、僕の場合には当てはまりませんでした。

 

自分はいつも机にPCとノートを置いて仕事をしています。

僕のノートの使い方は

・電話を受けたときのメモ。

・上司や部下からの命令・報告を聞いてメモ。

・やることリストを書き出す。

・会議、ミーティングの議事録

・思いついたこと、忘れたくないことをメモする。

・・・という感じでした。

 

そう、議事録以外はほとんどただの「メモ」でした。

これは、自分でも理解していませんでした。

だってノートはどんどん増えるし。

でもそういえば、見返すことなんてほとんど無かったという事に気づきました。

だから、いざiPadをノート代わりに机に置いていつも通り仕事をしようとしたら

全然使えない!

さっとメモ書きが出来ない!すぐに紙のノートに戻しました。

 

いくらアップルペンシルの書き味が鉛筆並みでも

ワンアクションでメモアプリが起動するとか言っても

紙のノート&ペンの速さと便利さには敵わないのでした。

 

僕の仕事は結構ありふれたサービス業ですので

同じようなノートの使い方をしている人は多いのではないかと思います。

たぶん、普段ほとんどが「ノート」してるんじゃなくて「メモ」してるだけなんです。

 

でも、月に数回の、会議やミーティングなど、腰を据えて色々と記載するような

場面だと、iPad&アップルペンシルのノートは十分活用できるし

情報が散乱しない、編集しやすくて普通に便利でした。

 

このように、実際に使ってみて初めて、自分に向いてるのかそうでないのか

わかることもありまして、なかなか面白いなと思ったので共有させて頂きました。

 

ちなみに、僕はこれも色々なブログで絶賛されてるノートシェルフ2というアプリと

純正メモアプリを併用して使っています。

Noteshelf 2

Noteshelf 2

  • Fluid Touch Pte. Ltd.
  • 仕事効率化
  • ¥1,200

 

ノートシェリフ2、これはエバーノートの連携とか、テキスト変換とか、録音機能とかノートのデザインとか・・・多機能ですし、1冊1枚づつ、本当のノートの様に使えます。しかし書くスペースも本当のノート並みに狭いので不便です。(アップルペンシルで書くと字がでかくなるので)

 

純正のメモアプリは、同じページに延々と書いていけますのでこちらの方が

電子ノートの良さは活かせると思います。

マインドマップとか、アイデアだしなんかはこちらで延々と書いていけます。

有料のメモアプリは、いらなかったかなと思っています・・・。

まず純正アプリで自分の必要な機能を見極めてから買えば満足度も高まるかと。

 

 

蛇足かもしれませんが、iPad2018年版自体は、コスパも良く

綺麗で高性能で本当に良いデバイスだと思います。

使いこなすにはもっとリテラシーが必要だなと感じました。

 

www.apple.com

まだ全然使いこなせていないけど、こうして最新のデバイスを買って

時代をキャッチアップしていくのは大事な投資だなと

いまだにスマホを使えない上司を見て思いました(笑)

 

以上、まだまだiPadを活用しきれていない人からのご報告でした。

 

補足

TOP写真に写ってる、いっしょに買ったもの。

BluetoothのキーボードK480。これは便利だった!