花も刀も

ロスジェネ的ライフハック

「サルでも稼げる 「米国株」高配当投資」に失敗した男

 

こんにちは。欲まみれおじさんです。

 

昨今、「サルでも稼げる米国高配当戦略」みたいのが流行っていますよね。
書店などにいくと、そのような本が沢山並んでいます。

 

この本の事を言ってるわけではありませんよ!!

 

投資に関して何も知らない人が

米国高配当戦略なら楽ちんで稼げるよ♪

みたいな本が増えています。 

 

本当にうまくいくのでしょうか?

本当にサルでもできるのでしょうか?

 

では、それを実践するとどうなるか教えて差し上げます。

こうなります。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

f:id:hanamokatanamo:20181125210221p:plain


・・・どうでしょうか。

御覧の通り、全然だめです。大赤字です;;

 

一部、古くから保有していた高配当銘柄でないものも含まれていますが
赤字になっているものは、ほぼ「米国高配当あるある銘柄」です。

 

私はサル以下でした。無念です。

 

「米国高配当株」に投資さえすれば大丈夫!
なんて、世の中そんなに旨い話などないのです。

 

今回学んだのは、長期的に見て右肩上がりと言われる米国株でさえ
やはり不調の時はあり、その時の心理状態は結構厳しいということです。
そのうち回復すると信じているけど、それでも心配です。

 

サル以下の人にとってのクモの糸、それがETF

しかし、AT&Tのように25%も下がってしまう個別株がある一方
VTI・HDV・VYM・BNDといったETFは最大でも
5%程度の下げにとどまっています。

 

つ、つよい。
ETFはやはり強い。この安定感は本当に心強いです。

 

もともと、「HDV・VTI・BND」の3本建て戦略で考えていたのに
高配当の欲に目がくらみ、色々と手を出してしまった結果が
これです。

 

もちろん逆の結果になり、値上がりした可能性もあるわけですが
相場の世界では大儲けを狙うより、リスクを減らし
長く生き残ることが重要なのです。

 

第一、「高配当戦略」では値上がり益目的ではないので
値上がりしても基本は売りません。


淡々と投資額を増やし、配当によるキャッシュフローを高めるわけです。
ならば、ボラリティ(価格変動)は少ない方が良いのです。

 

戦略修正しなくちゃ。

 

で・・・。

 

私は今日20万円分の「VYM」を追加発注しました。

 

ナンピン買いです。
ポートフォリオ内のETF比率を高めていきたい。
今後は、ETFメインに投資をしていきます。

 

個別株なら配当5%以上を狙えますが
ETFだとせいぜい3%がいいところです。


でも、この「2%の差」は下落時の心の安定料。
事件事故による個別株の大暴落などに対する「保険料」
だと考えれば妥当ではないかと思います。

 

例えばゴーン問題でいま日産大変ですが、ETFなら心配いりません。
この「安心安定」に対して、「2%」の費用をかけるということです。

 

最後に まとめ

 

株をはじめて10年たち、色々と学んできたつもりですが
人間、どうしても目先の欲に目がくらみ、ルールを変えてしまうものです。

 

これをご覧のあなたには、同じ失敗をしてほしくないので
恥ずかしながらこの酷いポートフォリオを公開いたしました。

 

「米国高配当戦略」が間違いといっているわけではないのです。

米国高配当株を買うのも結構リスクがあるので、それが嫌な人は
米国高配当ETFがお勧め、というわけです。

 

それでも高配当個別株が欲しいのであれば
ポートフォリオの3割以内にするとか
ルールを持つと良いと思います。

 

ルールを守れるかはあなた次第ですけど!

 

念のためにもう一度言いますが

この本の事を言ってるわけではありませんからね!

 

こちらからは以上です!

 

関連記事です。

hanamokatanamo.hatenablog.com

 

君は岡崎体育を知っているか

こんにちわ。細山田ジェイコブです。

 

f:id:hanamokatanamo:20181108230957p:plain


突然ですが、あなたは「岡崎体育」を知っていますか?


いや、当然知ってますよね。
Mステにも出てるし、YouTubeの『MUSIC VIDEO』は
再生3000万回を超えていますし。
充分メジャーなアーティストですよね。


でも、私が岡崎体育の事を知ったのはほんの1か月ほど前ですし
私の同世代の同僚たちは全然知らなかったみたい。


私は、仕事絡みで、あるアーティストのことを
調べてたら「おすすめ」の動画で出てきて、なんとなく
見てみたらもろにハマってしまいました。


最初に見たのがこの曲。


「FRIENDS」

 

 

うおお!なんだこれは!
・・・衝撃でした。


そこからは、立て続けに岡崎体育の動画を見あさりました。

 

もう見る映像すべてが衝撃的。

もう放心状態です。

最初は、なんだこいつ!?ビジュアル終わってんじゃねえか!

・・と思ってみてましたが

どんどんカッコよく見えてくるし、どんどん好きになる。


で・・・


ついにアルバムも買ってしまいましたw

f:id:hanamokatanamo:20181104214044j:plain

 

※それも初回限定版でDVD付きの奴!

f:id:hanamokatanamo:20181104214231j:plain

 ※ BASIN TECHNO=盆地テクノ・・・新しいジャンルですか?w

https://amzn.to/2PbNikj

 


アルバムなんて買うのは、たぶん15年以上ぶりです。
いいなと思う曲でも最近はストリーミングで購入しますし。
あえてアルバムを買ったのは、彼への敬意みたいなものです。

 

f:id:hanamokatanamo:20181104214101j:plain

※この頃はスーパーでバイトしてたの?w

 

岡崎体育の魅力


おそらく今は、若い人たち中心の人気なんだと思いますが
彼の音楽はなんか懐かしさを感じさせる。音楽の知識が
少ないから例えが貧弱だけど、なんか電気グルーブなような
クイーンのような、エミネムのような雰囲気があります。

嘉門達夫的でもあり、レディガガのようでもあるし

もうわけわかんねえなってなります。


だから、私のようなアラフォーやそれ以上の世代も
聞いたらきっと好きになるんじゃないかな。

 

f:id:hanamokatanamo:20181104214303j:plain

※やっぱり現物のアルバムっていいね。

 

岡崎体育はスターダムを駆け上ってる真っ最中!


岡崎体育ツイッターを見ていたら彼の
夢であった「さいたまスーパーアリーナ」での
ライブが決まったようで、なんだか感動してしまいました。


まさにスターダムを駆け上がっている真っ最中でした。

「スター誕生」をリアルタイムで見れている感覚です。

 


岡崎体育の事を知れて良かった。


ありがとうYouTube。(そっち?

 

今後の岡崎体育の活躍がますます楽しみです!

 

 

 

 

優良高配当銘柄ウエストパックが大暴落。で思う事。

こんにちは!騙され五郎です。


私が本格的に米国株を開始したのが去年くらい。
右肩あがりで一番良かった時期だと思います。
ですが、最近の下げ相場で大変な赤字です。


この悲惨なポートフォリオをご覧くださいまし。

f:id:hanamokatanamo:20181102154638p:plain


酷いですねw


・・でも、いいんです!
私は投資歴は長いものの、本当にへたくそで
通算では、ずっと赤字でした。
それで「米国株・高配当戦略」という方法に舵を切ったのです。
簡単に言えば、「配当でコツコツと稼ごう」ということです。
目先の相場に右往左往せず、ひたすらガッチリとホールドして
配当金が入るのを待つだけです。

そうするようになって徐々に投資利益が出てきていたのです。
だから、下げ相場でも昔のように慌てなくなりました


しかし、この中で許せないやつが1つあります。

画像一番下のやつ。


WBK ウエストパックバンキングです。


オーストラリアの銀行は非常に投資効率がよく
人口も増えて有望、そして配当も高く、ADRなので
二重課税もない!という優良銘柄で
その中でも1番の老舗がウエストパック銀行でした。


しかし、彼らは不正をしていたのです。

 

豪4大銀行が不正融資や金利の二重徴収認める、ずさん経営浮き彫りに | ワールド | ニュース速報 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

 

焦点:豪4大銀の業績見通し悪化、そっぽ向く機関投資家 | ロイター


何か不正行為をしていたようです。


相場の格言に「事故は買い、不正は売り」というのがあります。
減配などあれば、さらに株価は落ちるでしょうし
今、ここで売るべきなのか、迷っています。


こういう時に、外国株は情報が少ないので判断に迷いますね。
ネットニュースではあまり詳しいことはわかりませんでした。


例えば、日産の検査に不正があったとのニュースを受けても
それがどの程度影響がありそうなのかなど、国内のことなら
情報量も多く、ある程度、予想がつきますよね。
たぶん、売りません。


実のところ、今回も、株価が他より異常に下がっていたので
不審に思い、自分で調べてやっと知りましたし。
外国株をやるということは、そういう情報の少なさという

リスクもあるのだとよくわかりました。


米国高配当戦略に切り替えてから、
あまり株価を気にしなくなっていたので
少し鈍感になっていました。


失敗から学べる事は多いですね!


お読み頂きありがとうございました。