花も刀も

ロスジェネ的ライフハック

弱者の戦略

日銀、金融緩和やめないってよ。

 

 今日話題のニュースです。 

https://jp.reuters.com/article/kuroda-boj-easing-idJPKBN1KL1JN

jp.reuters.com

 

難しいことはよくわかりませんが、ようは

「頑張ったけど思ったより物価もあがらないし引き続き頑張るでー!」

ということだと理解しました。

うんうん、引き続き頑張って欲しいです。

 

でも、日銀だけが頑張ってもあまり状況は変わらないと思います。

それは、巷の人々の心の問題だからです。

多くの日本人が将来に希望を持てていないのです。

だから、将来が不安でお金を使わない。節約志向が根強いのだと思います。

 

ここで、どうしたら日本人が将来に希望を持てるかと言う話はしませんし

それほどの見解を僕は持っていません。

ただただ、自己防衛をするのみです。弱い我が身を守るのみ。

 

では、僕の様にか弱い者が、どうやって自己防衛をすべきなのか?

以下は、過酷な氷河期を生き延びたロスジェネ的防衛術です。

 

弱者の戦略その① コバンザメの術


もしくは寄らば大樹。

 

弱者の戦略その② スイミー作戦


群れろ。まけるなスイミー

 

弱者の戦略その③ 逃げろ!

 

働いたら負けかなと思ってる
 


その①コバンザメの術
強い者、賢い者の近くにいておこぼれをもらうのです。
そう優良企業の株を買って、配当金を受け取りましょう。

 

 

その②スイミー作戦
小魚でも群れればマグロを追い払えます。
群れ(企業群)の力を借りましょう。
そう、ETF投資信託を買って低リスクで配当金を受け取りましょう。

 

 

その③逃げろ。

三十六計逃げるにしかず。

 戦わずに、逃げましょう。戦わずして勝つには・・・


・・・そう、配当(不労収入)を得て、搾取される側から離脱しましょう。
※もうしばらくは働きましょう。

 

 

・・と、言うわけで弱い者こそ投資をすべきというお話でした。

どのようなものに投資をしていくかは、また今度。

お読みいただきありがとうございました。