花も刀も

ロスジェネ的ライフハック

iPad2018年版を買って期待外れだったこと。

 

最新型のiPad 2018年版を購入しました。

f:id:hanamokatanamo:20181009213615j:plain

私としては、壊れたアイフォン5の代わりにフェイスタイムが出来れば

十分だったので中古の旧型とかでも良かったのです。

でも、ちょうど新型が出たばかりで、色々なブログなどで

コスパが史上最高とか絶賛されていましたし、価格もあまり変わらなかったので

ついつい最新型を購入してしまったというわけです。

 

さて、そんな私が唯一楽しみにしていたのが

今回iPadPRO以外で初めて使えるようになったアップルペンシルです。

www.apple.com

これを使えば、もう紙のノートからは解放され、ペーパーレス生活になれると

期待していました。

私のノートは本当に汚くて、情報がどこにあるかもわかりにくいし、

「電子ノート」として綺麗に情報集約出来ればいいなと考えていました。

 

色々なブログのレヴューを読みました。

学生さんが授業で使用したり

ライターさんが構成で使用したり・・・

 

なるほど、これはいいぞと。

※いま思い起こせば普通のサラリーマンのレヴューがほぼ無かった・・。

 

でも、僕の場合には当てはまりませんでした。

 

自分はいつも机にPCとノートを置いて仕事をしています。

僕のノートの使い方は

・電話を受けたときのメモ。

・上司や部下からの命令・報告を聞いてメモ。

・やることリストを書き出す。

・会議、ミーティングの議事録

・思いついたこと、忘れたくないことをメモする。

・・・という感じでした。

 

そう、議事録以外はほとんどただの「メモ」でした。

これは、自分でも理解していませんでした。

だってノートはどんどん増えるし。

でもそういえば、見返すことなんてほとんど無かったという事に気づきました。

だから、いざiPadをノート代わりに机に置いていつも通り仕事をしようとしたら

全然使えない!

さっとメモ書きが出来ない!すぐに紙のノートに戻しました。

 

いくらアップルペンシルの書き味が鉛筆並みでも

ワンアクションでメモアプリが起動するとか言っても

紙のノート&ペンの速さと便利さには敵わないのでした。

 

僕の仕事は結構ありふれたサービス業ですので

同じようなノートの使い方をしている人は多いのではないかと思います。

たぶん、普段ほとんどが「ノート」してるんじゃなくて「メモ」してるだけなんです。

 

でも、月に数回の、会議やミーティングなど、腰を据えて色々と記載するような

場面だと、iPad&アップルペンシルのノートは十分活用できるし

情報が散乱しない、編集しやすくて普通に便利でした。

 

このように、実際に使ってみて初めて、自分に向いてるのかそうでないのか

わかることもありまして、なかなか面白いなと思ったので共有させて頂きました。

 

ちなみに、僕はこれも色々なブログで絶賛されてるノートシェルフ2というアプリと

純正メモアプリを併用して使っています。

Noteshelf 2

Noteshelf 2

  • Fluid Touch Pte. Ltd.
  • 仕事効率化
  • ¥1,200

 

ノートシェリフ2、これはエバーノートの連携とか、テキスト変換とか、録音機能とかノートのデザインとか・・・多機能ですし、1冊1枚づつ、本当のノートの様に使えます。しかし書くスペースも本当のノート並みに狭いので不便です。(アップルペンシルで書くと字がでかくなるので)

 

純正のメモアプリは、同じページに延々と書いていけますのでこちらの方が

電子ノートの良さは活かせると思います。

マインドマップとか、アイデアだしなんかはこちらで延々と書いていけます。

有料のメモアプリは、いらなかったかなと思っています・・・。

まず純正アプリで自分の必要な機能を見極めてから買えば満足度も高まるかと。

 

 

蛇足かもしれませんが、iPad2018年版自体は、コスパも良く

綺麗で高性能で本当に良いデバイスだと思います。

使いこなすにはもっとリテラシーが必要だなと感じました。

 

www.apple.com

まだ全然使いこなせていないけど、こうして最新のデバイスを買って

時代をキャッチアップしていくのは大事な投資だなと

いまだにスマホを使えない上司を見て思いました(笑)

 

以上、まだまだiPadを活用しきれていない人からのご報告でした。

 

補足

TOP写真に写ってる、いっしょに買ったもの。

BluetoothのキーボードK480。これは便利だった!